FC2ブログ
こんさんの気ままな日記
~不良中年釣査団~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見えない壁
昨日アタリはあるのに乗せれなく悔しかったので小雨の中リベンジ!

昨日#6の針を使っていたので今日は#4で挑戦。

流石にあわせれば乗るようになったがMAX15cm位から10cmまで10匹くらいは揚がった。

だが何か納得いかないのが穂先が柔らかくほぼオートフッキング気味ということ。

アタリが出てすぐにあわせを入れると乗らず、少しテンションを緩め送り込んでやるとオートフッキングする。

釣った事には代わりがないが何かしっくり来ない。

ただサイズ的に小さい?からこんなもんなのか?

竿に張りがないエントリー竿だから合わせきれてないのか?

感度はテトラに擦ったりすれば感触はあるし、流れにジグヘッドを持っていかれてるのも理解出来るほどだ。

張りがあり感度のいい竿とはもっと明確に解り繊細なあたりを見極めることが出来るのか?

このままでも楽しめるけど、やはり胸を張ってギリキャッチサイズから確実キープサイズを揚げてみたい。

ひたすらリリースしていると、どうも魚をただイジメているだけっぽく感じ気が惹ける。

ポイント的に小さいサイズしかいないのかなぁ?

一難さってまた一難。壁にぶつかってしまった。。。

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 こんさんの気ままな日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。